砂金型アルミ鋳物製造メーカー 喜多方軽金属株式会社
Home 会社案内 業務案内 アクセス お問い合せ
会社案内

 沿 革  
 
 会社概要
 社長挨拶
 環境方針
 沿 革
1970年 昭和電工(株) と古河鋳造(株)の折半出資により設立
自動造型ライン・小型造型ライン及びローターリフト造型ラインを設置し、 フライホイールハウジング・インレットマニホールド等の自動車部品、その他の生産を開始
1974年 金型鋳造機を導入
1978年 同敷地に第2工場を建設し、中子焼却炉及び含浸処理設備を設置
1981年 砂型鋳造中心から金型鋳造へ転換し、砂型鋳造は自動造型ラインと大型造型ラインのみとする
1982年 古河鋳造(株)が筆頭株主となる
1988年 第2工場を増設し、金型寸法:1600×1500×500/500mmの大型金型鋳造機を導入
1991年 乗用車用の足回り部品の製造を開始
熱処理設備及びX線検査装置等を拡充
2000年 砂型鋳造の社内生産を停止し、協力企業に生産を依頼
2001年 鋳造品の機械加工、アッセンブリーを協力企業にて開始
2002年 第2工場を中子、溶解、鋳造工場に、第1工場を仕上、検査工場に再レイアウト
2004年 第2工場に大型金型鋳造機を、第1工場に熱処理設備をそれぞれ増設
筆頭株主である古河鋳造(株)が、(株)古河アルフレックスに社名変更
2005年 二輪車部門ボディフレームの生産を本格化
2007年 (株)古河アルフレックスが、事業に関わる全資産を(株)フルチュウに譲渡
アルコニックス(株)が株主に新規参入
JIS Q 9001:2000、ISO 9001:2001認証取得
 2011年 ISO 9001:2008、JIS Q 9001:2008に認証更新
ISO 14001:2004、JIS Q 14001:2004認証取得
 2013年  (株)フルチュウの100%株主が美濃工業(株)となる
 2015年 (株)フルチュウが美濃工業栃木(株)に社名変更 
   
このページの先頭へ

Copyright(C) 2011 Kitakata Light Metal CO.,LTD.
ホーム / 会社案内 / 業務案内 / アクセス / お問い合せ / サイトマップ